So-net無料ブログ作成

アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)

 第一三共は2月8日、子会社のアスビオファーマがアルツハイマー型認知症治療薬SUN Y7017(メマンチン塩酸塩)を厚生労働省に承認申請したと発表した。承認取得後は第一三共が販売する予定。

 SUN Y7017は、独メルツ社が創製したNMDA 受容体拮抗薬で、アスビオファーマが日本国内で自社開発した。エーザイのアルツハイマー型認知症治療薬アリセプトが神経伝達物質アセチルコリンを分解する酵素の働きを妨げ、神経細胞を活性化して脳の機能を維持することで認知症の症状の進行を抑制するのに対して、グルタミン酸受容体の1つであるNMDA受容体をブロックし、神経細胞内への過剰なカルシウムイオンの流入を抑制することで神経細胞を保護し、症状の進行を抑制する。作用メカニズムが異なるSUN Y7017が承認を取得すれば、治療選択肢の拡大につながる。

 海外では2002年に欧州医薬品庁(EMEA)、03年に米食品医薬品庁(FDA)で承認され、アルツハイマー型認知症の標準治療薬の一つとして、現在世界60か国以上で使用されている。


【関連記事】
認知症治療剤アリセプトの内服ゼリー剤を発売―エーザイ
認知症のケアに残された能力を生かして―東京都がシンポ
認知症の人への接し方とは
認知症の早期診断、かかりつけ医の役割が重要
注目される認知症短期集中リハ、意欲などの改善も

「自分で運転」と木嶋容疑者=現場までのレンタカー−埼玉不審死(時事通信)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら2人、監禁容疑で逮捕(毎日新聞)
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加(医療介護CBニュース)
<雑記帳>「還暦ジーンズ」を発売 10年間の品質保証付き(毎日新聞)
木嶋容疑者、睡眠導入剤すりつぶして料理に混入か 遺体の成分と一致(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。