So-net無料ブログ作成

<地デジ>受信障害の対応率まだ25% 目標達成難しく(毎日新聞)

 総務省は23日、ビル陰などにある世帯がテレビの受信障害を避けるために利用している共同受信施設(全5万6004カ所)で、地上デジタル放送に対応済みの割合は09年12月末時点で25.8%だったと発表した。09年9月末から7.1ポイント上昇したが、10年3月末の目標値(50%)の半分にとどまり、目標達成は難しいとみられる。

 対応の遅れについて、総務省は「改修費用の負担をめぐり、受信障害の原因をつくっている施設側と、共同受信施設を利用する世帯との交渉が進んでいない。共同受信施設を利用していることを認識していない世帯もある」と分析。関係者に働きかけ、対応促進を図る。【望月麻紀】

【関連ニュース】
地上デジタル放送:アンテナキットを無償貸し出し…総務省
総務省:通信・放送関連法を再編…地デジ化見据え
総務省:電波障害の改修工事、助成対象拡大 地上デジタル放送
PS3:地デジ録画キット「トルネ」が3月18日発売
地上デジタル放送:調査キット、1都3県で貸与

首相の公邸改修費用、締めて470万円(読売新聞)
「政治とカネ」で説明促す=首相、小沢氏に電話(時事通信)
<受動喫煙防止>分煙では不十分 「全面禁煙」厚労省通知へ(毎日新聞)
取り調べDVD、裁判員初の再生=強盗殺人公判−佐賀地裁(時事通信)
議員報酬に成果主義、質問内容評価…熊本・五木村(読売新聞)

<鳩山首相>「政治とカネ」で小沢幹事長に電話(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日、「政治とカネ」を巡る問題で民主党の小沢一郎幹事長に電話し、「お互いに国民に向かって、必要ならばもっと説明する努力をしよう」と伝えた。首相が同日夕、記者団に明らかにした。

 首相は「国民から見て『(説明が)まだ十分じゃない』と言われるとすれば、事実を知ってもらうのは大事だから、説明をお互いに尽くしていこうということになった」と述べ、両者の認識は一致したと説明。ただ、小沢氏との具体的なやり取りは明かさなかった。

 そのうえで首相は「小沢幹事長がどういう場をセットするかは幹事長が決める話だ」とし、国会での説明にはこだわらないとした。

 首相は17日の党首討論で「必要であれば私から(小沢氏に国会で説明するよう)進言することは十分にある」と語っていた。【朝日弘行】

【関連ニュース】
普天間移設:名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」
鳩山首相:共産党の志位委員長と会談
党首討論:「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
鳩山首相:冬季パラリンピック選手にエール

<福知山線脱線>検審、遺族と検察官から聴取へ(毎日新聞)
喫煙経験のない男性、イソフラボン摂取で肺がんリスク低下(医療介護CBニュース)
<訃報>黒木三郎さん88歳=早稲田大名誉教授、法学専攻(毎日新聞)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
子ども手当ては満額支給=鳩山首相(時事通信)

異例の隠密出張 官房長官が公表(産経新聞)

 平野博文官房長官は17日の記者会見で、15日夜に日程を公表せずに公務のために大阪に出張していたことを明らかにした。平野氏は、「今後は(東京を)離れることについて申し上げる」と述べた。

 政府の危機管理責任者が日程を明らかにせずに東京を離れるのは異例。危機管理上の懸念に対し、平野氏は内規に基づき緊急時にすぐに帰京できる態勢を取っていると強調し、「懸念はご無用だと思う」とした。

 政府関係者によると、平野氏の大阪出張は、16日発表の「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」の人事が事前に報道されたことを関係者に釈明するのが目的だった。

内部留保課税 首相「共産が持ってきたから検討」(産経新聞)
<岐阜県>職員の新規採用凍結を撤回…知事が組合に伝える(毎日新聞)
150キロの巨大鏡もち展示=京都〔地域〕(時事通信)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
道路整備保全公社 上乗せ「利益」納付も 「調査に基づき判断」(産経新聞)

英語出会い系で在日女性誘拐 国外から言葉巧み(産経新聞)

 マレーシアで昨年12月、山梨県内のフィリピン人女性(44)が誘拐団に監禁され、日本の家族に身代金が要求される事件があったことが16日、捜査関係者の話で明らかになった。警視庁と現地警察が捜査にあたり、女性を5日後に保護、誘拐団を逮捕したという。女性は出会い系サイトで知り合った男に言葉巧みに同国へおびき出されており、現地で相次いでいるという狡猾(こうかつ)な誘拐事件の手口の詳細が浮かびあがってきた。

 ■歓待、一転…

 12月12日夕、マレーシアのクアラルンプール国際空港。飛行機から降り立った女性にマレーシア人の男が近づいた。男は女性が会うつもりだった英国出身の白人男性「エドワード」の運転手を名乗り、「迎えに来た」と告げた。女性は紺色の乗用車に乗り込んだ。

 女性は最近、日本人の夫と死別。英語の出会い系サイトに登録したところ、昨年10月ごろ、エドワードからメールが届いた。エドワードは自分を写したという写真をサイト上で女性に見せ、「マレーシアに滞在している。12月20日に私の誕生パーティーを開くから来ないか?」と誘った。

 女性は連れて行かれたスランゴール州のマンション室内で、黒人の女に「ようこそ」と言われた直後、いきなり注射を打たれて意識を失う。目覚めると、手を縛られ、室内に黒人の男ら男女4人がいたという。そばには、縛られて目の周りを腫らしたアフガニスタン出身の女性もいた。

 ■連携して捜査

 「おれがエドワードだ」と黒人の男が告げ、女性の顔をナイフでなでつけながら、家族に電話するよう脅迫。女性は13日午前1時ごろ、携帯電話で千葉県に住む妹(38)に電話。犯人の1人が電話を代わり、「私は入国管理官。お姉さんをドラッグ関係で連れてきた。金を出さなければ警察につれていく。1万ドル用意しろ」と要求した。

 妹は14日、在日フィリピン大使館の職員に付き添われ、警視庁麻布署に被害を届け出た。犯行グループは16回にわたり電話やメールで身代金を要求。女性は「振り込まなければ焼かれる」と助けを求めていた。

 マレーシア警察に捜査協力を要請した同署と組織犯罪対策2課は、女性の写真や犯行グループのものとみられる電話番号などを現地警察に提供。現地警察は電話の逆探知などで、犯人グループを絞り込んだ。

 ■類似事件相次ぐ

 同国では出会い系サイトなどで国外からおびき寄せる類似の手口の誘拐事件が複数発生しているが、身代金を支払わなくても解放されている。この女性も17日、身代金の支払いがないまま、路上に放置されていたところを保護された。

 「カネが取れなさそうだと判断すれば、すぐに次のターゲットを狙おうとしているのではないか」と捜査関係者はみる。現地警察は女性誘拐に関与したとして、同国やナイジェリア国籍の21〜35歳の男女8人を逮捕。アフガニスタンの女性も保護されたという。

【関連記事】
ホントは出会えない“出会い系”サイト、衝撃の実態とは
「好きだ」客の女性に売春させる 元ホストら2人逮捕
純真お嬢様の正体は!?「出会えない系」サイトの卑劣なテクニック
非出会い系サイトでも児童・生徒の犯罪被害急増
出会い系装い架空請求 容疑の28歳無職男を逮捕 神奈川県警

改修作業 2人切られ重軽傷 殺人未遂容疑 洋傘店経営者を逮捕 東大阪(産経新聞)
女性転落 間一髪で救助…線路の間に寝かせ JR高円寺駅(毎日新聞)
コマツ、坂根会長が代表権を返上(レスポンス)
<厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞)
<ハイチ大地震>陸自医療援助隊の100人帰国し解組式(毎日新聞)

同級生「残念」と一言=大森さん告別式−石巻殺傷事件(時事通信)

 宮城県石巻市で男女3人が殺傷された事件で、現場の南部かつみさん(46)宅に居合わせ、刺殺された高校3年大森実可子さん(18)の告別式が14日、同市内の葬儀場で営まれ、参列した同級生や知人らが最後の別れを告げた。
 式には大森さんが通っていた同市立女子商業高校の生徒らも参列。同級生(18)は「残念です」と一言だけ話し、うつむいた。娘が大森さんと友人だったという男性(55)は「明るい子だった。信じられない」と沈痛な面持ちで語った。
 大森さんは南部さんの長女美沙さん(20)、次女沙耶さん(18)と親しく、逮捕された沙耶さんの元交際相手の少年(18)についての相談に乗っていたという。 

【関連ニュース】
遺族「前に進めない」=情報求め支店前でチラシ配布
次女、DV避難施設へ=少年暴力、エスカレートか
「残念で仕方がない」=大森さんの高校で緊急集会
逃走の18歳少年を逮捕=連れ去られた少女保護
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕

<防衛力有識者懇>座長に京阪電鉄CEOの佐藤茂雄氏(毎日新聞)
千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定(医療介護CBニュース)
小沢氏「ネットやラジオの世論調査はまったく反対の数字」(産経新聞)
<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)
競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e−Tax約3割に(産経新聞)

小林議員側「裏金」疑惑 組織的癒着にメス 「火のないところに煙は立たない」(産経新聞)

 長年指摘され続けた教職員組合と政治家の癒着構造に捜査のメスが入った。裏金疑惑をめぐる札幌地検の北教組本部への家宅捜索。選挙のたびに組合員である教職員を動員し、民主党議員を組織的に支援してきた北教組は「人」「物」だけでなく「カネ」も提供していたのか。提供先は小林氏側だけなのか。札幌地検の本格解明が始まった。

 札幌市中央区の北教組本部が入居する北海道教育会館には15日午後6時ごろ、札幌地検の係官20人以上が捜索に入った。現場は約40人の報道陣で騒然となり、係官が「差し押さえのじゃまになるので出ていって」と声を荒らげる一幕も。

 関係者によると、北教組が小林氏の支援を始めたのは、小林氏が比例復活して初当選を果たした平成15年の衆院選。各選挙区を担当する労組を決めた際、激戦区の5区には組織力がある北教組に決まり、それ以降、小林氏陣営の選対本部には北教組幹部が入って選挙を仕切ってきたという。

 組合員である教員にノルマを課し、組織的な選挙活動を展開する−。こうした活動が、北教組では半ば公然と続けられてきた。

 17年9月の衆院選の前には「指令書」という文書を全分会(地域や職域の下部組織)に配布。1区の横路孝弘氏、2区の三井辨雄(わきお)氏、3区の荒井聡氏、4区の鉢呂吉雄氏、そして5区の小林氏の計5人の選挙を応援することを明示した上で、候補者ごとに計5人の教員をリストアップし、選挙戦の専従担当者に任命。さらに組合員に対しては集会参加やチラシ配布、電話作戦などの動員行動を指示し、1人につき5人の支援者獲得を目指すよう呼びかけた。

 こうした組織的な政治活動に対し、自民党議員からは「教員の政治的中立性を損なう行為で、勤務時間中の選挙活動となれば、職務専念義務違反になる恐れがある」と問題視する声も上がっていた。

 地元政界関係者は「他の議員と比べても、小林氏は自身で資金集めをしていなかった。選挙は北教組の丸抱え。北教組から違法な形で資金が渡っていたとすれば、やはりそうだったのかという気持ちだ」と話す。

 北教組の小関顕太郎書記長(54)は産経新聞の取材に組織的な裏金づくりや小林氏側への資金提供を否定する一方、「火のないところに煙は立たないということもある」と述べ、過去にさかのぼって内部調査を実施する意向を示した。

<中国>農地が急速に酸性化…温暖化加速を警告 米中チーム(毎日新聞)
ノリタケ元社員を逮捕=業務上横領容疑−愛知県警(時事通信)
<アパート放火>「自白の信用性に疑念」と大阪地裁無罪判決(毎日新聞)
山本病院、死亡時刻を2時間遅らせカルテ記載(読売新聞)
消防法改正で好況 大阪国税局、警報器設置業者を脱税で告発(産経新聞)

小沢幹事長 「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の私塾で、今年で10年目を迎える「小沢一郎政治塾」の冬季集中講義が10日、東京都内で始まった。同塾は各界の指導者育成を目的に01年に設立されて以来、年2回の講義を行っている。

 10日の講義には約60人が参加した。開講式には塾長の小沢氏が出席し、「どういう分野に進むにしても、政治とまったく別個の世界で生きていくことは実態として不可能だ。ぜひそういう意識を前提に持って勉強してほしい」とあいさつした。

 講義は13日まで連続4日間開かれ、最終日には小沢氏の講演がある。

【関連ニュース】
衆院予算委:鳩山首相「小沢氏は説明尽くすこと大事」
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
鳩山首相:小沢氏幹事長続投「頑張って」と言っていない
小沢氏資産:不透明さ浮き彫り 陸山会から再取得
小沢幹事長:5月訪米を前向きに検討

「小沢氏から2度入党要請」田村参院議員(読売新聞)
社民党、石川被告は「政倫審出席を」、小沢氏は「正面から説明を」(産経新聞)
拉致被害者支援法の延長案、民主が議員立法で提出へ(産経新聞)
追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納−平野官房長官(時事通信)
<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。