So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)

 24日午後1時5分ごろ、東京練馬区東大泉の路上で、近くに住む無職、塚本登さん(84)運転の軽乗用車が前方を歩いていた妻、美枝子さん(74)をはねた。美枝子さんは全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 警視庁石神井署によると、塚本さんは「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。

 同署によると、2人は買い物に行った帰りで、美枝子さんは自宅前で先に車を降りていた。塚本さんが自宅の向かいにある駐車場を使って車を方向転換させようとしたところ、急発進して美枝子さんをはねたまま数メートル走行。美枝子さんは、車と鉄製フェンスとの間に立ったような姿勢ではさまれていたという。

【関連記事】
踏切で転倒、助けようと…電車はねられ高齢夫婦が死亡 名鉄
駐車誘導中に夫の車にひかれ妻死亡
バックの際に見落とし…夫の車にはねられ妻死亡
父にはねられ女児重体 ファミレス駐車場
庭から飛び出し? 小4女児、パトカーにはねられ重傷

札幌の女性殺害、遺体に雪をかぶせた形跡(読売新聞)
ふるさと牧場元社長に懲役12年 和牛商法詐欺(産経新聞)
自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)
インフル定点8.13、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
毎日新聞社員を現行犯逮捕=羽田空港で暴行容疑−警視庁(時事通信)

<中日応援禁止>球場締め出しは無効 名古屋地裁判決(毎日新聞)

 プロ野球12球団と警察庁などで作る「暴力団等排除対策協議会」が、中日の私設応援団2団体の球場での応援禁止や一部メンバーを球場から締め出したのは、権利の乱用で違法だとして、2団体のメンバー約100人が12球団と日本野球機構、日本プロフェッショナル野球機構を相手取り、処分の無効と慰謝料の支払いを求めた訴訟の判決が28日、名古屋地裁であった。増田稔裁判長は「裁量権を逸脱するもの」として、球場締め出しの処分を無効と認め、対象となった約20人に対し、1人当たり1万1000円の支払いを認める判決を言い渡した。一方、応援禁止処分については「裁量権の範囲」として認めた。

 訴えたのは「名古屋白竜会」と「全国竜心連合」の2団体。同対策協議会は08年3月、2団体に対し、プロ野球の試合での鳴り物応援(応援団方式による応援)を不許可。さらに同白竜会のメンバー22人に対して球場チケットの販売を拒否し球場から締め出す処分を出した。

 訴訟で被告側は処分理由について、応援団のメンバーの中に「暴力団とかかわりのある団体の傘下の政治団体に所属していた」などと指摘。その上で「球団は私的企業であり、チケット販売や応援の許可については『契約自由の原則』に基づき自由裁量で行える」と主張していた。

 一方、原告側は、政治団体は暴力団とは無関係で既に解散していると反論。「プロ野球事業は公共性を有しており、契約自由の原則は制限される。処分は恣意(しい)的な判断で妥当性を欠く」と主張していた。【式守克史】

【関連ニュース
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
在韓被爆者訴訟:長崎地裁で和解 1次原告127人
広島・いじめ訴訟:いじめで病気、賠償を増額へ−−最高裁差し戻し

大塚愛さんらの曲を違法配信=3800曲、2人逮捕−滋賀県警(時事通信)
そこまでしますか? 大阪市職員の通勤手当不適正受給は300人超(産経新聞)
法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」(時事通信)
<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
小沢氏、神妙会見…強気な姿勢一転(読売新聞)

名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が争点となった同県名護市長選は、24日午前7時から投票が始まった。投票は午後8時に締め切られ、即日開票される。深夜には結果が判明する見通し。移設反対派の新人と条件付きで容認する現職の一騎打ちで、結果は鳩山内閣の新たな移設先の選定作業に影響を与えそうだ。
 立候補したのは、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人。島袋氏は自民党の支援も受けた。
 午後2時現在の中間投票率は25.57%で、前回を5.51ポイント下回っている。一方、期日前の投票者数は14239人と、前回(9588人)の約1.5倍に上り、有権者数(44896人)の約3割を占めている。
 普天間問題をめぐり、稲嶺氏は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした現行計画に反対し、県外移設を主張。島袋氏は滑走路の沖合への移動を条件に、辺野古への移設を容認する立場だ。 

【関連ニュース
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響
普天間移設への影響注視=「豪腕」小沢氏に期待も
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
普天間移設、現行案で決着も=岡田外相
福島党首の4選決定=社民大会が開幕

<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)
党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)
<上げ馬神事>馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
「小沢容疑者」と誤表記=22日付大阪版朝刊に−産経新聞(時事通信)
宮崎監督提案の公園デザイン展(産経新聞)

鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)

 国会冒頭から、鳩山由紀夫首相(62)がヤジまみれになった。菅直人財務相(63)の財政演説に対する各党の代表質問が19日午後、衆院本会議で行われ、各党からは鳩山首相と民主党の小沢一郎幹事長(67)の政治資金問題をめぐる質問が連発。鳩山首相には「ドラ息子!」「恥を知れ!」のヤジが飛んだ。月内の2009年度第2次補正予算案成立を目指す政府、与党に対し、野党は「政治とカネ」問題の集中審議と小沢氏の参考人招致を要求。案の定、大荒れだ。

 「ドラ息子!」。鳩山首相が、自民党の大島理森幹事長(63)の質問に対する答弁に立つと、容赦ないヤジが浴びせられた。母の安子さんから“巨額すぎる子ども手当”をもらっていたことが問題視された鳩山首相は、平静を装って答弁を続行。しかし、議場は与野党の失笑や怒号が飛び交った。

 大島氏からは散々な言われようだ。「お母様からの絶大なる、友愛に満ちた脱税ともいわれる生前贈与の問題があります」と、皮肉たっぷりに挑発され「毎月、こんなに多額のお金をお母様から頂いて、総理は感謝の気持ちも伝えていないのですか」と問いただされた。

 与党からも「自民党はどうなんだ!」などのヤジの嵐。首相は「資金の提供を知らないので、母に感謝することもできませんでした」と釈明。「(事件は)検察の捜査で全容解明され、すでに決着した」「(検察から)違法な支出があったという指摘はなかった」…。公明党、共産党の議員からも同じ質問をされたが、ロボットのように同じ答えを繰り返すだけだった。

 小沢氏の問題でも、釈明に追われた。首相が小沢氏に「(検察と)どうぞ戦ってください」と語った発言には「一国の総理の発言とは信じられない」(大島氏)、「法治国家として尋常ではない」(公明党・斉藤鉄夫氏)。民主党が総選挙の旗印にした「コンクリートから人へ」をもじって「コンクリートから小沢へ!」とのヤジが飛び、自民党の武部勤元幹事長(68)も「恥を知れ! 恥を知れ!」と野太い声を響かせた。

 首相は小沢氏について「潔白を主張しているのだから、信じるのが同志としての基本だ」と語って、与党からの拍手を浴びたが、当の小沢氏は議場の最後列で目を閉じたままむっつり。本会議が終わる30分以上前に、いつの間にか姿を消した。

 本会議に先立つ民主党の代議士会では「今日はNHKの中継が入っているから気をつけて」と“品格”を求める呼びかけがあったが、首相や質問者の声はかき消された。野党は「政治とカネ」をめぐる問題での集中審議と、小沢氏の参考人招致を要求。論戦の先行きは不透明だ。

 【関連記事】
鳩山首相が釈明 「検察批判でない」…小沢氏に「戦ってください」と発言
小沢氏が鳩山首相と会談、進退など協議か
石川議員逮捕で鳩山首相ピンチ!
鳩山首相 参院選は小沢幹事長で

日体大生の汗染みこんだ服に興味 窃盗容疑で男追送検(産経新聞)
歌手の浅川マキさん死去=ユニークなライブ活動を展開(時事通信)
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)
兄を暴行、死なせる=自首の55歳逮捕−広島県警(時事通信)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)

「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は19日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、民主党の議員有志が東京地検特捜部の捜査を疑問視する勉強会を立ち上げたことについて「法と正義、証拠に基づいて捜査しようとしていることに対する政治的プレッシャーなのか。品性に欠けるやり方だ」と強く批判した。

 大島氏は「小沢氏本人から事情を聴いて判断しているのか。民主党内の民主主義に疑問を持たざるをえない」と指摘した。また、小沢氏が特捜部の事情聴取要請に応じる意向を示していることについて「同時に国会でご自身が出てきて、ご説明する責務があると思う」と述べ、捜査とは別に国会の場で説明責任を果たすよう求めた。

【関連記事】
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述
山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢

大久保秘書の公判延期=西松建設事件−東京地裁(時事通信)
<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)
「小沢さん個人の問題」 民主参院議員ら無言通す(産経新聞)
元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)

JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、神戸地検が井手正敬元相談役(74)ら歴代トップ3人を2度目の不起訴処分としたことを受け、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」は17日、起訴すべきかどうかを再審査する神戸第1検察審査会に対し、「起訴相当」議決を求める意見書を27日に提出することを決めた。意見書では、来月中旬をめどに遺族の意見陳述の機会を設けることも、あわせて要請する。

 改正検察審査会法に基づき、検察審査会が再び「起訴相当」を議決すれば、裁判所が指定した弁護士が強制的に起訴する。

【関連記事】
高まる検察審査会の存在感 JR西歴代3社長はどうなる?
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
JR西と遺族、23年3月めどに報告書
JR西日本と「4・25ネット」が合同で事故原因検討会立ち上げへ
“元凶”元相談役が説明会欠席 遺族に募るJR西への不信感

<不正通行容疑>ETCすり抜け460回 男を逮捕(毎日新聞)
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件−埼玉県警(時事通信)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
石川知裕容疑者「恥ずかしいことしていない」(産経新聞)
<ロゴマーク>「YOSAKOIソーラン祭り」トラブル(毎日新聞)

那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円−沖縄県警(時事通信)

 那覇市発注の道路補修工事で手抜き工事を見逃した見返りに、業者から現金数十万円を受け取ったとして、沖縄県警捜査2課は16日、収賄容疑で同市建設管理部道路建設課主査、仲地功容疑者(53)=同市首里石嶺町=を逮捕するとともに、贈賄容疑で建設会社「玉井建設」社長、座安徹容疑者(42)=豊見城市我那覇=を逮捕した。
 同課によると、仲地容疑者は大筋で容疑を認め、座安容疑者は一部を否認しているという。 

【関連ニュース
年間売上高4割を受注=収入減恐れ市長に工作か
山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社社長ら2人逮捕
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件
滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円
守屋元次官、二審も実刑=「行政の信頼損なう」

<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
センター試験 東武線事故で5会場一部繰り下げ(産経新聞)
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ(時事通信)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)

<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)

 歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、公演で滞在していた名古屋市中区のホテルで死亡しているのが見つかった。67歳だった。愛知県警中署によると、病死とみられるという。

 同署によると、同日午後7時45分ごろ、ホテル室内の浴室で倒れている浅川さんを事務所スタッフらが見つけた。浅川さんは公演で滞在中で、時間になっても部屋から出てこなかったためスタッフらが様子を見に行ったという。

 浅川さんは石川県生まれ。67年「東京挽歌/アーメン・ジロー」でデビュー。翌年、新宿のアングラ劇場、蠍座で寺山修司演出の独り舞台に出演し、評判となった。山下洋輔や坂田明、坂本龍一らと共演。ジャズやソウルに影響を受けた憂いを帯びた声と、全身黒づくめの衣装で70年代にかけ独特の存在感を放っていた。代表曲に「夜が明けたら」「かもめ」など。

胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)
<強風>屋上タンク落下、薬品飛び散り3人けが 東京・上野(毎日新聞)
産廃会社役員ら贈賄容疑、市長に現金入り祝儀袋(読売新聞)
北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
鳩山政権初の中央防災会議 地方支援に重点(産経新聞)

<歌会始>「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)

 新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が14日午前、皇居・宮殿であった。今年の題は「光」。天皇、皇后両陛下や皇族方に加え、入選者10人と召人(めしうど)で歌人の武川忠一さん(90)、選者の歌が伝統にのっとった発音と節回しで披露された。応募は2万3346首、うち海外は20の国・地域から172首だった。

 天皇陛下は皇居・吹上御苑内の小道を散策した際、木々の間から光が差し込んでいる場所に草が青く生えている情景を詠んだ。皇后さまは、結婚50年を迎えた昨春、夕暮れの皇居内を天皇陛下と散策した時の印象を詠んだ。皇太子さまは08年8月に富士登山をした際にご来光で山肌が赤く染まった情景を、皇太子妃雅子さまは冬に散策した赤坂御用地の日の光を受けて美しく輝く池の情景を詠んだ。【真鍋光之】

【関連ニュース
<歌会始>全作品はこちらで
<歌会始>佳作者
<歌会始>来年の題は「葉」

「学校耐震化優先すべき」神戸市長、予算削減に苦言(産経新聞)
海上自衛隊 インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か(産経新聞)
鳩山首相を縛る「小沢依存」…党内に危ぶむ声(読売新聞)
<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。