So-net無料ブログ作成
検索選択

ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)

 口蹄(こうてい)疫被害が爆発的に広がる宮崎県に対して「ふるさと納税」制度を利用した寄付が相次いでいる。「テレビを見て何かできないかと思った」「少しだが役に立ててほしい」と申し込みが続き、2週間で寄付額は2200万円と昨年度1年間の5倍以上に上るという。
 ふるさと納税は、個人が出身地や応援したい自治体に対して5000円以上の寄付を行った場合、居住地で支払う住民税や所得税が一部控除される制度。
 宮崎県財政課によると、寄付が増えたのはゴールデンウイーク明け。寄付に関する電話での問い合わせにふるさと納税を勧めたところ、多い日には100〜200件の寄付が来るようになった。20日の時点で件数は累計2951件と、単純平均では一件当たり約7500円の計算。首都圏を中心に全都道府県から寄付が集まり、「驚いている。宮崎を応援してもらいありがたい」(県担当者)と話す。
 寄付金は一般財源に繰り入れられ、防疫対策などに使われている。 

【関連ニュース
GW出入国は107万人=成田空港
武家屋敷でよろいかぶと試着=鹿児島〔地域〕
GWの高速、今年も大渋滞=アクアラインは「800円」効果
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超
JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ

長崎で原爆死没者名簿風通し(産経新聞)
<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
代替滑走路、工法も合意済み=状況見て発表―政府高官(時事通信)
事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。